こんにちは 森野です。

 

昨日にひきつづき、産地と職人さんを訪ねて後編です。

藍染めの職人さんを後にして、次に訪れたのは名古屋からほど近い、有松という地。

ここは日本屈指の絞り染め産地です。

人がいない…そこはまあ平日なので。 のれんの文字も絞り染めです。

 

絞り染めとは、ざっくり説明すると生地を板で挟んだり糸で縛ったりして、染めても染料が流れ込まない部分を作り、それによって柄を作る技法です。ほんとざっくり。

いやしかしこれが凄いのです。何が凄いって、絞りのバリエーションが凄い。技術が凄い。特に有松は日本の絞り染め産地でも特に絞りの種類が多いのです。

ちなみに、他の主要な産地は新潟、秋田、大分、京都などなど。

 

 

とある工場さんを訪ねて、企画を練ります。

後ろに見えるレース状のカーテンっぽい布は、ティファニーの店舗で実際に採用されたもの。

他にも、歌舞伎の衣装やイッセイミヤケ、ヨウジヤマモトの素材にもなっているものもあります。

 

町を案内してもらいました。

豪邸だらけです。昔はほんとうに栄えたのでしょう。

 

色々お店を訪ねてお話を聞いていきます。

デニムっぽい生地!かっこいい。これ、1反おいくらですの?

市場価格にして○○○万です。どひぇー

迂闊に仕立てられませんね。

 

こちら、絞りの糸を途中までほどいたもの。

ドット状の柄一個一個にひとつずつ糸が縛られていたのです。すごい手間と労力ですね。

左側は糸をほどいて広げたもの。まだ絞られた状態の右側は、生地幅が極端に縮んでいるのが分かります。

 

この写真のものではないのですが、同様の反物を触りながら、

「すごいですね。ちなみにこれってどのくらいするのですか」

市場価格で1000まんくらいに・・・

 

ふぁ

 

ちなみに、1反絞りきるのに2年かかるそうです。

 

こんなモダンなものもあります。いいですね~

 

いやあすごい世界です。さあ、この文化や技術をどう今の時代に活かしてニーズを作っていくか。

来年も取り組むこともりだくさんになりそうです。

 

手ぬぐいも売ってました。こちらはお求めやすい¥1,800くらい。

有松、ぜひ訪れてみてください。6月にはお祭りで賑わいますよ。

ではまた!

関連記事

  1. マウンテンバイクに、スポーツてぬぐい。

    2018.01.12

    マウンテンバイクに、スポーツてぬぐい。

    こんにちは。CHAORAS森野です。年始にUPしたスキースノボでのフェイスマスク記事がかなりの反…

    マウンテンバイクに、スポーツてぬぐい。
  2. スキー・スノーボードを快適に

    2018.01.3

    スキー・スノーボードを快適に

    遅ればせながら、あけましておめでとうございます。森野です。年末年始、いかがお過ごしでしょうか…

    スキー・スノーボードを快適に
  3. 産地の職人さんを訪ねて(前編)

    2017.12.29

    産地の職人さんを訪ねて(前編)

    こんにちは。森野です。今日は、先日訪れた産地と職人さんのレポをお届けします。CHAORASは…

    産地の職人さんを訪ねて(前編)
  4. 笠置町 全国鍋フェスタで出店してきました

    2017.12.27

    笠置町 全国鍋フェスタで出店してきました

    こんにちは。CHAORAS森野です。今日は、12/3に京都府笠置町で開催された全国ご…

    笠置町 全国鍋フェスタで出店してきました
  5. CHAORAS ブランドサイトリニューアルのご挨拶

    2017.12.22

    CHAORAS ブランドサイトリニューアルのご挨拶

    はじめまして、CHAORASの宮本基広と申します。CHAORASは2015年に日…

    CHAORAS ブランドサイトリニューアルのご挨拶